カラコンの生産国について

カラコンを選ぶ時に生産国を重視して選ぶという人が珍しくありません。
海外製のカラコンを使用して目にトラブルが起こったなどのニュースなどを見て、日本製のカラコンを探している人もいるはずです。
日本製のカラコンというのもちゃんとあるのですが、これは後で詳しく解説します。

まず「日本製」の意味についてですがこれは「メーカーが日本のカラコンメーカー」ということではなく「日本にある工場で作られているカラコン」という意味です。
「そんなの当たり前でしょ、知ってるよ」と思う人もいるかもしれませんが、ネットを見ていると勘違いしている人がいたり、日本メーカーの海外製カラコンを「日本製」と呼んで販売している業者が過去にいたのです。

日本の工場で作られた日本製カラコンを販売しているメーカーは今のところはフォーリンアイズとトラスティトラスティだけです。
この2メーカーは同じ会社が運営している姉妹メーカーです。
日本製のカラコンが欲しい人はこのどちらかのカラコンを買う必要があります。
しかし2メーカーとも日本製のカラコンなのは1ヶ月使用タイプだけなので、ワンデー使い捨てタイプの日本製カラコンはありません。

日本製のカラコンの方が安心という気持ちは当然わかりますが、ワンデー使い捨てタイプの方が衛生的という考え方もできます。
もちろんどちらを買うかは本人が決めることですが、個人的な意見としては「日本の厚生労働省から高度管理医療機器として承認されたカラコンであれば海外生産であってもそれほど安全面に関する心配はいらない」と思っています。

生産国も大事ですが

  • 使用期間を守る
  • カラコンを触るときは清潔な手で触る
  • 一度つけたカラコンを友達と貸し借りしない
  • カラコンを付けたまま寝ない
  • 3か月に一度くらいは眼科で目の検査を受ける

といったカラコンを使う上での注意点を守ることも、カラコンを安全に使うためには大事です。

 
関連サイト:日本製のカラコンはフォーリンアイズプレミアム