10代におすすめの安くて可愛い服が買える通販ショップについて

実際に街中にあるショップで全国展開している10代女子向けのショップというと、どんなブランドがあるでしょうか。
私はハニーズやGUなどが思い浮かびます。
もちろんハニーズやGUでお買い物するのもいいのですが、もっといろいろな10代向けショップを知りたいと思いませんか?
ネット通販なら10代向けの安くて可愛いレディースファッション通販サイトを簡単に探せます。
田舎に住んでいて近くにファッションショップが無い人でも通販なら関係ありません。

そして10代向けのレディースファッション通販ショップを紹介しているサイトが以下の2サイトです。

最初のサイトが10代向けに特化したサイトで、下のサイトが幅広い年代の人に向けたサイトです。
10代向けのショップに関しては紹介されているショップはほぼ同じです。
個人的にもやはりGRL(グレイル)は外せないと思っています。
「10代女子向けの安くて可愛い通販サイト」といえば、まずはGRL(グレイル)をおすすめします。
流行のアイテムがそろっていて値段は本当にとても安いです。
ネットだけのショップなので、普段生活していてもショップの名前を聞くことはないかもしれませんが、Twitterなどではとても人気のショップです。
藤田杏奈ちゃん、ちぃぽぽちゃん、ダレノガレ明美ちゃんといった人たちがモデルをやっているので、そのコーデを真似しちゃえばアイテムの着こなしで悩むこともありません。

そしてこれからの季節に欠かせないのがGRL(グレイル)の浴衣です。
柄の種類がとても豊富で、浴衣に帯と下駄までついて3999円(税込)という安さです。
2着買っても1万円以下ですよ。
帯は「つけ帯」と呼ばれるワンタッチで簡単に着付けが出来る帯です。
GRL(グレイル)の浴衣は毎年とても人気があるので、もし今の時点で気に入った柄があれば売り切れる前に購入しておくことをおすすめします。
GRL(グレイル)ではすでにたくさんの柄の浴衣が入荷済みです。

カラコンの生産国について

カラコンを選ぶ時に生産国を重視して選ぶという人が珍しくありません。
海外製のカラコンを使用して目にトラブルが起こったなどのニュースなどを見て、日本製のカラコンを探している人もいるはずです。
日本製のカラコンというのもちゃんとあるのですが、これは後で詳しく解説します。

まず「日本製」の意味についてですがこれは「メーカーが日本のカラコンメーカー」ということではなく「日本にある工場で作られているカラコン」という意味です。
「そんなの当たり前でしょ、知ってるよ」と思う人もいるかもしれませんが、ネットを見ていると勘違いしている人がいたり、日本メーカーの海外製カラコンを「日本製」と呼んで販売している業者が過去にいたのです。

日本の工場で作られた日本製カラコンを販売しているメーカーは今のところはフォーリンアイズとトラスティトラスティだけです。
この2メーカーは同じ会社が運営している姉妹メーカーです。
日本製のカラコンが欲しい人はこのどちらかのカラコンを買う必要があります。
しかし2メーカーとも日本製のカラコンなのは1ヶ月使用タイプだけなので、ワンデー使い捨てタイプの日本製カラコンはありません。

日本製のカラコンの方が安心という気持ちは当然わかりますが、ワンデー使い捨てタイプの方が衛生的という考え方もできます。
もちろんどちらを買うかは本人が決めることですが、個人的な意見としては「日本の厚生労働省から高度管理医療機器として承認されたカラコンであれば海外生産であってもそれほど安全面に関する心配はいらない」と思っています。

生産国も大事ですが

  • 使用期間を守る
  • カラコンを触るときは清潔な手で触る
  • 一度つけたカラコンを友達と貸し借りしない
  • カラコンを付けたまま寝ない
  • 3か月に一度くらいは眼科で目の検査を受ける

といったカラコンを使う上での注意点を守ることも、カラコンを安全に使うためには大事です。

 
関連サイト:日本製のカラコンはフォーリンアイズプレミアム

カラコンはワンデータイプが便利でおすすめ

現在日本で流通しているカラコンは1dayタイプか1ヶ月タイプが主流です。
もしカラコンを毎日使うなら1か月タイプの方が安く済むことが多いのですが、たまにしか使わないのなら1dayタイプの方が安く済む場合もあります。

そして1dayタイプには1箱10枚入りと1箱30枚入りがあることが多いです。
初めて買う場合にはまずは1箱10枚入りを買って試してみて、良さそうなら30枚入りを買うというのがいいですね。
いきなり30枚入りを買っていまいちだった場合に残った分がもったいないですから。
10枚入りなら残った分はすぐに使い切ってしまえます。

衛生面のことを考えると1dayタイプの方が毎回新品のレンズを使えて清潔ですし、使い終わった後の面倒なレンズケアが不要なのも1dayタイプのいいところです。

もし、1dayタイプを使っているけど目が乾く、という場合には含水率の低いカラコンに代えるというのもひとつの手です。
もちろんこれは1dayタイプに限ったことではないのですが、含水率が高いカラコンは目が乾きやすいのです。
逆のイメージがあるかもしれませんが含水率が低い方が目は乾きにくいです。
その代わり含水率が低いレンズはレンズが固く感じるので、まばたきしたときに違和感を感じる場合もあるかもしれません。
自分にぴったりなカラコンが見つかるまでは色々なカラコンを試してみるしかありません。
そんなときにも1dayタイプなら1箱10枚入りを買えば気軽に試せます。

その日のファッションやメイク、髪型などによって使うカラコンを代えるというのも1dayの方がやりやすいと思います。
1か月タイプの場合にはせっかく1ヶ月タイプを買ったのに月に10回しか使わなかったとかだと、なんとなくもったいなく感じてしまいます。

予算に余裕がある、またはカラコンはたまにしか使わないという人には1dayタイプをおすすめします。

関連サイト:カラコン ワンデー 度あり

サンプル記事 go away

 これは金谷のおきせさんが一旦世帯を堀田原へ移して一人でいましたが、まだそうお婆さんになったというではなく、再縁のはなしが出て或る家へ嫁入りすることになったので、したがってお悦さんが一人になること故、この方は蔵前の師匠の方へ手伝いがてら一緒になるということになり、堀田原の家が明(あ)くによって、師匠は私に其家(それ)へ来てくれてはどうだという。私の方も堀田原へ移れば家もこれまでよりは手広になるし、通う道程(みちのり)も四分の一位になって都合もよいので、師匠の意のままに堀田原へ全部移転したのであった。
 私に取って思い出の多かった源空寺門前の家とは、これで縁が切れたことになるのです。

「そうですか。あなたが、あの不動さまを拝むというのならあなたに差し上げましょう。実をいうと、あれは広小路の夜店で八銭で買ったのです、値は八銭であっても、作は凡作でない。どんな大きな不動を作るにも立派に参考になると思って私は買ったのですが、あなたがそんなに御執心なら差し上げます。しかし、なくなさないようにして下さい。私が参考にしたい時はまた借して下さい」
 こういうことで、右の不動様を後藤君に進呈しました。後藤君は大いによろこび、それを自分の守り本尊として持っていたのでした。おかしいことには、よほど後藤君もあの不動が欲しかったか、ちょっと私へたのむのに細工をしたことが後で分って笑いましたが、実は後藤君は酉年ではなくて、戌年(いぬどし)であったのでした。

 笑談(じょうだん)半分に私はいい出しました。皆が妙な顔をして私の顔を見ているのは、一体、大仏をこしらえてどうするのかという顔つきです。で、私は勢い大仏の趣向を説明してみねばなりません。
「大きな大仏をこしらえるというのは、大仏を作って見物を胎内へ入れる趣向なんです。どのみち何をやるにしても小屋をこしらえなくてはならないが、その小屋を大仏の形でこしらえて、大仏を招きに使うというのが思いつきなんです。大仏の姿が屋根にもかこいにもなるが、内側では胎内潜(くぐ)りの仕掛けにして膝の方から登って行くと、左右の脇の下が瓦灯口(がんどうぐち)になっていてここから一度外に出て、印を結んでいる仏様の手の上に人間が出る。